MENU

顎ニキビ&首ニキビ〜顎から首にかけてのニキビの原因と治し方

<顎ニキビと首ニキビ>
ニキビは、思春期の頃に、皮脂の分泌量が多くなり毛穴が詰まるなどが原因でできるものです。しかし、大人になってからもニキビができることもあり、さまざまな原因が考えられます。
また、顎ニキビや首ニキビが出来る場合もあります。顎ニキビや首ニキビが同時にできるケースも少なくありません。

 

顎から首にかけてのニキビは、皮脂の分泌過剰により毛穴が詰まることが原因になることは少ないといわれています。

 

顎ニキビや首ニキビの原因

顎ニキビや首ニキビの原因とは、
ストレスやホルモンバランスの乱れ、また首などに汗をかきやすいため、不衛生な状態にあるなどが考えられています。

 

その他にも、紫外線なども肌にダメージを与えることになり、首は紫外線が当たりやすいため、肌のターンオーバーに影響して、毛穴を詰まらせてしまうこともあるといわれています。

 

顎ニキビや首ニキビの治し方

顎ニキビや首ニキビの予防や治し方では、肌を清潔に保つことが重要です。
首周辺は、汗をかきやすいため、汚れなども溜まる傾向にあります。毎日、お風呂で首周辺をきれいに洗い、汚れをしっかりと落とすように心がけていきましょう。

 

しかし、洗いすぎは肌にダメージを与えることになるので、適度に洗い流すことが大切です。

 

また、紫外線対策をすることも大切です。
首や顔(顎も)など紫外線を浴びやすいので、帽子や日傘、また日焼け止めなどで肌をカバーしましょう。

 

顎ニキビや首ニキビが酷い場合には、日焼け止めなどが刺激になり、ニキビが悪化する可能性もあります。
首からフェイスラインにかけては皮膚が薄いのでちょっとした刺激でもニキビが悪化することが考えられます。

 

ストレスは、血流問題、ホルモンバランス、自立神経失調症など、間接的に肌にとっていい影響を与えません。

 

うまく解消できるように、日々の生活でリフレッシュできる環境を整えていくことも大切なことです。

 

 

また、そもそも顎ニキビや首ニキビを早く治したい場合には、肌のターンオーバーを促進させることが重要です。
ピーリングなどを行う治療もありますが、ケミカルピーリングなどの薬剤は刺激が強いため、安易に行うことは避けたいものです。

顎ニキビ首ニキビの薬

顎ニキビや首ニキビの薬は様々な種類が提供されています。

 

これらの効果と副作用を把握することにより、状況に合わせた治療が可能となります。
まず、最初に紹介するのはゲーベンクリームです。

ゲーベンクリーム

このゲーベンクリーム効果と副作用は、常在細菌に対しての抗菌作用がある一方で、皮膚を傷つけてしまうという副作用があります。

ゲンタシン

ゲンタシン効果と副作用とは、効果は細菌の殺菌や抗菌作用で、副作用は発疹や肌のかゆみ、肌の赤みが報告されています。

リンデロンVG

リンデロンVG効果と副作用とは、炎症による腫れや赤みを抑え、かゆみや痛みを緩和するというのが効果で、副作用は目のかすみが報告されています。

テラコートリル

テラコートリル効果と副作用とは、効果は炎症を抑制するという内容で、副作用は皮膚の乾燥が報告されています。

クレアラシル

クレアラシルの効果と副作用とは、効果はアクネ菌の抑制で、副作用はかぶれやかゆみです。

ベピオゲル

そして、ベピオゲルの効果と副作用とは、効果は抗菌作用、副作用は赤みや腫れです。

ダラシンTゲル

ダラシンTゲル効果と副作用とは、効果は菌の抑制で副作用はかゆみや乾燥です。次に、アクアチム軟膏効果と副作用とは、効果は殺菌で副作用はかゆみや腫れです。

ディフェリン

次に、ディフェリンの効果と副作用とは、効果は毛穴のつまりの改善で、副作用は皮膚の赤みや乾燥です。

オロナインH軟膏

オロナインH軟膏の効果と副作用とは、効果は保湿で副作用は刺激感やかゆみが生じることです。

 

 

ニキビは、毛穴周辺が赤く膨れあがる様子が、黍の実の様に見えるということが名前の由来です。

 

青春のシンボルとも呼ばれる様に思春期に大量に発生することが特徴ですが、未成年特有の疾患というわけではありません。

 

それは、皮脂と細菌との相互作用が根本的な原因であり、ホルモンの働きが関係しているからです。このために、栄養不良やストレス、寝不足等によりホルモンバランスが崩れてしまうと再びニキビが出来やすい状態となります。

 

なお、思春期のニキビはTゾーンに出来るケースが多く見られていますが、大人ニキビの場合はやや様相が異なります。これは、ヒゲが濃くなるなどの思春期とは違う外的要因が関係しており、顎ニキビや首ニキビと呼ばれるもののしめる割合が多くなります。

 

このために、ニキビを改善するためには、その時々において適当な治療を選択しなくてはなりません。

 

まずは、生活習慣の改善によりホルモンバランスを正常化するのが先決ですが、それと同時に肌のターンオーバーを改善しなくてはなりません。
何故ならこの部分をおろそかにした場合は、高確率でニキビ跡が残ってしまうからです。

 

以上の薬と合わせて日常的な基礎化粧品の見直し
さらには、生活習慣を健康的で規則正しいものにしていくことがニキビを改善させていく事が必要になります。

 

基本は睡眠

睡眠をしっかりととれるように生活を改善していきましょう。

 

睡眠の質が悪くなると首や顎のターンオーバーが乱れます。
特に首のターンオーバーは長期的になるケースもあるので
しこりやニキビ跡が残る原因にもつながります。

 

長時間寝るのではなく、睡眠の質を意識することが大切になります。

 

 

運動不足の方は、運動をしないと、肥満やその他にも病気にかかりやすくなることもあります。
肌だけでなく、体の健康維持のためにも定期的に運動をしていくことも大切です。

 

 

スポーツが得意な場合には、休日にスポーツで運動不足を解消するといいでしょう。
ですが、体を動かしたり、激しい運動をするスポーツが苦手な方もいるでしょう。

 

そのような方は軽いランニングやウォーキング、また近所の公園を散策するなどもある程度運動不足解消につながるので、試してみるのもいいでしょう。